WWW検索 ブログ内検索
-------- (--)

スポンサーサイト

はてなブックマーク Yahoo! ブックマーク | Twitterでささやく


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-11-29 (Sun)

OPDES A-1 in 秋ケ瀬公園 

はてなブックマーク Yahoo! ブックマーク | Twitterでささやく


秋ケ瀬公園で開催されたOPDESのアジリティー大会に出場しました。

IMG_0483.jpg

OPDESの大会では、初心者向けのクラスとして、ビギナーとノービスがあります。

ビギナークラス(ハードル6本とトンネル2個のコの字型コース)
ノービスクラス 1度(ハードルとトンネルのコース)
        2度(ハードルとトンネルとタイヤ)

VITO君はこれまで、ノービスクラスに出場しました。

この上のクラスは、
ジャンピング(タッチ障害(シーソー、ドッグウォーク、Aフレームなど)なし)と
アジリティー(タッチ障害有)の2種類でそれぞれ1度、2度、3度とレベルがあります。
アジリティーで、いい成績をとると、上のクラスに上がれます。

1度以上に出場するにはチームテスト(オビディエンス)の合格が必要です。

VITO君は先月チームテストに合格したので、
今回から、いよいよ、初心者クラスを(無理やり)卒業して、
JP1(ジャンピング1度)とAG1(アジリティー1度)に挑戦です。


朝6時に受付ということで、4:30に出発、5:30には現地につきました。
さすがにまだ、真っ暗!

受付後は、はじめて1度の種目に挑戦するので、体高測定をします。

結果は、38.5cm。

体高によって、クラスが決まります。VITO君はミディアムクラスです。
ハードルの高さは40cmです。
ちなみに、ラージクラス(体高52cm以上)は65cmです。

あこがれのグリーンブックももらいました
P1020092.jpg





まずは、ジャンピングの試合から
さすがに、ノービスとは違い、コースは難しい...

では、スタートです。

IMG_0484.jpg


課題はオープニング。
アジリティー教室の皆さんにも、ご助言をいただき、迷った挙句、
普段あまりやらないハンドリングを選択。
2番ハードルの手前で、
左ハンドリング(犬を自分の左側につけるハンドリング)で、VITO君を呼びます。
1番ハードルを飛んだところで、ハンドラーが走り出して、左に曲がる予定

が...

VITO君は
2番ハードルを飛んでまっすぐ 正面のトンネルに入ってしまいました。

失格です...................................................................




後で考えると、
スタートの立ち位置は、2番ハードルの後ろにすべきでした。
ハンドラーが走り出した時に、2番ハードルを避けるように右に動いたので、
VITO君は右だと勘違いし、正面右手のトンネルに突っ込んだみたいです。

あまりに一瞬の出来事で、写真なし。電池ぎれで、ムービーもなし



ひとしきり反省.....の、のち


AG1です。


こちらも、オープニングが問題。

おおいに悩んだ末、今回は教室で何度も練習したやりかたを試みることに。
犬を待たせて、2番ハードルの後ろで待って、
犬が走ってきたら、体を返して、左へ....
走る前に何度も何度もイメージトレーニングをしたので、ばっちり の予定

が...


実際は..

スター地点で、VITO君を座らせて、「待て」の号令をかけ、
2番ハードルに向かって、VITO君から離れて行きます。
ところが、1番目のハードルを越えたところで、 VITO君が勝手にスタート!!!!



IMG_0736.jpg

やばい、と思って、急いで2番ハードルの奥へ
何とか間に合った!!!

IMG_0737.jpg


VITO君をしっかり捕まえて、

体を返して、フロントターン...をかける予定が、、、、

VITO君はふらふらと

IMG_0738.jpg

ハンドラーの脇を....

IMG_0739.jpg

通りすぎて行った.....


IMG_0740.jpg

それでも、くじけずに、落ち着いて、VITO君を呼び戻し、
右側につけて、座らせて、再トライです。



3番ハードルを左ハンドで飛ばします。

そして、フロントスイッチ!
IMG_0746.jpg
かなり、オーバーランしましたが、4番ハードルへ



IMG_0751.jpg

5番ハードルはターンで右へ
IMG_0755.jpg

うまく回れました。

IMG_0762.jpg

そして、6番はスラローム

怪我している手で、必死で手拍子をしました!
痛かったーーーーー

IMG_0764.jpg

ゆっくりですが、抜けずに頑張って出てきました。



スラロームの後はハードルを越えて、

シーソーです。
シーソーもできるようになりました

シーソーを出た後は、ハードルを飛んで180度旋回、そして、またハードル、
ハードルを越えると、ソフトトンネルへ

IMG_0810.jpg

ソフトトンネルを出てから、12番ハードルを勢いよく飛んでいきます。

IMG_0821.jpg

そして、Aフレーム、頑張ってのぼります。

IMG_0824.jpg

Aフレームの後は、トンネル、そして・・・
IMG_0846.jpg

ドッグウォークです。

IMG_0858_20091129135435.jpg

最後のハードルを越えます

IMG_0867.jpg
(しっかりハンドラーを見てます。)


ゴーーーーーーーール


時間はかかったけど、頑張って最後まで走りました。



ゴールすると、皆さんに、喜んでもらえて、久しぶりに、ほこらしげな、VITO君でした。


最初の脱走では、拒絶も何もとられなかったため、
減点なしの、クリーンランです。

19頭出陣したミディアムクラスで、
クリーンランした中では、一番遅かったけど、6席になりました。


最初の脱走があったので、反省の多い一走でしたが、結果的にはクリーランできて、
うれしいような、残念なような・・・

次回は、満足できる クリーンランを目指します。

テーマ : ドッグスポーツ
ジャンル : ペット

新着ブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新PHOTO
月別アーカイブ
Presented By Vittorio Vito