WWW検索 ブログ内検索
-------- (--)

スポンサーサイト

はてなブックマーク Yahoo! ブックマーク | Twitterでささやく


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-01-30 (Wed)

城南島&カフェでゆっくり?

はてなブックマーク Yahoo! ブックマーク | Twitterでささやく


ちょっとまえの火曜日。
朝、PCを開いてメールをチェックしたら、あ~らビックリ!

車で順次お迎えにあがります  (  by ハウルママ  )  とな。

メンバーは、ハウルまま、はじめましての ルイままさん。そして私。
こうして再び ハウル君と城南島 へ。


IMG_1035_320.jpg


どうせ寒くて遊ばないだろうから、カフェでゆっくりしましょうね~

って、計画。



運転免許ないし、地図も読めない私に、
ハウルままは、毎回、道を おたずねになる。

テキトー  に答えていたら、  迷った。

その後、ルイままさんが、携帯を駆使して、ナビを務めて下さった。
ルイままさん ありがと~



IMG_1021_320.jpg
この日RUNデビューの、キャバリア の ヘンリー君 と、
ヘンリー君のお兄ちゃんのダックスの ルイ君。




ビ: よし!競争だ!!
IMG_0953_320_320.jpg


           元気に 走りぃーの
IMG_0957_320.jpg


                   ときに 怒りぃーの
IMG_0962_320.jpg


水 飲みぃーの
IMG_0967_320.jpg

                 また 走りぃーの
IMG_0960_320.jpg


むむ!!
あれは、女子かな?!
IMG_0986_320.jpg



IMG_0991_320.jpg
はじめましての アクセル君 と リンちゃん。


ふたたび、走る 走る~
IMG_1001_320.jpg



 

     寒 空 の 下、 ゆるゆると 時は流れ




IMG_1004_320.jpg
     ビ: アクセル君。お別れの時がきたようです。



再び、ルイママさんに、ナビしていただいて、
芝浦の Bon!Organique に到着。
 


・・・3時のランチ




椅子にオスワリして静かにマテするよい子達
IMG_1038_320.jpg

IMG_1031_320.jpg


ビト家は・・

フセ → トリーツ → 飽きる→ 
立ち上がってテーブルに手をかける →フセ
→ トリーツ →飽きる→ 立ち上がって・・・


完全に どつぼにはまってます


ビ: どーでもえぇけど、ちゃっちゃと、ささみよこさんかい
IMG_1024_320_320.jpg



ハラヘリがマックスだったため、
食の写真はなし


それはそうと、

どうせ寒くて遊ばないから

カフェでゆっくりしましょ
   

って 計画でしたよね・・


どうやら、
おふたかたとも、わたくしに気を遣われてたご様子で・・・。

(ビトをもっと走らせたいんじゃないか?とか?)
(お茶だけするつもりなのかな?とか?)
(お金持ってない?とか・・・・)


うひょひょ


次は ランチタイム に ゴハンを食べて
SWEETSをオーダーして、コーヒーもおかわりだ!!
道順もちゃんと調べておきます・・



次・・・ありますよ ね?




(記 VITOの母しゃん)


コメント

    
VITOのかあしゃん様

気を使う方なのですね~~
おっさん以外には(笑)

平日の城南島いいですね~

私オッサンOLはキャンセブの生活費欲しさに働いておりますもんで・・・・

今度はオッサンOLともご一緒してくださいね~

湘南進出!お待ち下さい~♪
■chamabeeさま
とことん気がきかないんですよ~私。

時間はたっぷりあっても、あんまり、意味ないっす。
自分ひとりじゃ、なんもできないんで・・。
毎日家で何してんの?って、よく人にきかれます。

キャンセブさん湘南進出の折は、はせ参じます!!
ご迷惑でなければ~。笑。
え~VITOのかあしゃんさん、免許ないのは意外でございます。
かくいう私も去年初夏に取りました。

キャンセブさん、VITOさん、湘南へ
行く際は是非教えて下さい!
私たちもびゅ~んと行きます!!
免許どころか、自転車にも乗れないんですよ。すごいでしょ~

vitoさん、キャンセブさん、
湘南へ行く際は是非教えてください!
平成元年車で、うにょ~んと行きます!!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

新着ブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新PHOTO
月別アーカイブ
Presented By Vittorio Vito