WWW検索 ブログ内検索
-------- (--)

スポンサーサイト

はてなブックマーク Yahoo! ブックマーク | Twitterでささやく


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-07-30 (Wed)

抜去32日目

はてなブックマーク Yahoo! ブックマーク | Twitterでささやく


「もしもカード」をきりました。
愚図のくせしてブレーキ知らずの母しゃんです。

バスと電車を乗り継いで多摩川を超えました〜

目的地は湿潤療法で有名な動物病院。

駅からそう遠くない距離なのですが、地図の読めない私。
迷いました。

やさしい瞳のご婦人が、お声をかけてくださり、通り道だから と現地までご一緒することに

「うちのプードルもこちらの先生にかかってるの」
「皆さんとても優しいのよ」
「ワンちゃん何㎏?」 
「電車で?」
「どちらから?」
「横浜にも病院はいくらでもおありでしょうに・・・」


ええ・・・

まぁ・・

それは、そうなんですが・・
(そのへんのとこは、なかなか微妙な問題なのでお茶を濁すとして・・)

「帰り道、だいじょうぶ?」
「お気をつけてね」

ご婦人はアルと私が待合室に入るまで見届けて下さいました


じーん。



こちらの病院には
前日、前々日と、取り憑かれたように一方的にメールを送っておりました。
で、朝、意を決して 病院に電話をいれて、本日初診となったわけですが・・

患部を診た先生、
開口一番 「思ったよりぜんぜん いい状態ですね」

薬もいらないし、
湿潤療法の必要もないそうです8月6日訂正

では、どうするか?
※肘(褥瘡)に綿やガーゼやらがあたらないようなギプスの巻き方に変えること
※ギプスは毎日巻き替えること
※骨折治療中なので、現在骨折でお世話になっている先生にお願いすることがベスト

下衆な話で恐縮ですが・・
現在、骨折治療でお世話になっている病院のお支払いは、
包帯交換5000円・・で、これに再診料は2000円。
肘の処置料は別途加算されるかもしれないとすると、、、これを毎日、、、、
ンなことを、こぼしてみたら、

こちらの先生。苦笑いしつつ、いろいろ方法を考えてくださり


アルの包帯ギプスを肘下までチョキチョキちょきんして、
飼主の手で肘の包帯の巻き替えができる状態に。


で、こういったものをお持ち帰り〜です
明後日から1日おきに包帯交換です





褥瘡の状態を識れたから ひとまず、安心というところですか。

ただ、ま、
帰宅後オッサンにも諭されたし、
自分でも重々わかっていることなんですが、

順序が違う。

今、お世話になってる先生に、
なんの断りもなくギプスちょんぎってどうする?って話ですよ、ね。

っていうか、
黙って他所の病院 たずねてどーする?って話。


あぁ

いつ言おう・・・

なんて言おう・・・



できるだけのことをアルにしてあげたい、って思いながら
5000円をケチるって、
なんか、それも違うなぁ・・・とか・・・


うーーーーん。

いろいろ とっちらかって母しゃんの脳みそひっちゃかめっちゃかですが、

アルは 退屈しながらも とても元気にしております。



記:VITOの母しゃん

テーマ : イタリアングレイハウンド
ジャンル : ペット

新着ブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新PHOTO
月別アーカイブ
Presented By Vittorio Vito